@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パウエル【ぱうえる】

日本大百科全書(ニッポニカ)

パウエル(Jerome H. Powell)
ぱうえる
Jerome H. Powell
(1953― )
第16第アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)議長。弁護士、銀行家、財務官僚などを経て、ジャネット・イエレンの後任として、2018年2月にFRB議長についた。経済学の博士号をもたない者がFRB議長につくのは第11代のウィリアム・ミラーGeorge William Miller(1925―2006)以来40年ぶりである。
 ワシントンDC生まれ。1975年にプリンストン大学政治学部を卒業し、1979年にジョージタウン大学で法務博士号(J.D.)を取得した。弁護士を務めた後、投資銀行ディリオン・リード&カンパニーの役員、投資ファンドのカーライル・グループの共同経営者を務めるなどウォール街での経験が長い。1990年から財務省に転じ、1993年までジョージ・H・W・ブッシュ政権下で財務次官補(国内金融担当)や財務次官を歴任した。2010年には、シンクタンクの超党派政策センター(Bipartisan Policy Center)の客員研究員を務め、リーマン・ショック後の政策研究に従事した。2012年5月にFRB理事につき(2014年再任)、金融危機後の量的金融緩和策を進めたベン・バーナンキやその後の金融正常化(出口戦略)に取り組んだイエレンを支えた。
 金融政策についての強い理論や信条をもつわけではなく、他のFRB理事、全国主要都市にある連邦準備銀行の総裁、FRBスタッフの意見を吸い上げる調整型の政策運営をとるとみられている。景気拡大にあわせ、緩やかに金利を引き上げるイエレン路線を継承する見込みである。共和党の主流派議員に近く、トランプ政権が進める金融規制の緩和にも理解を示し、地方金融機関に対する規制緩和や銀行が自らの資金をリスク資産に回せないよう規制する「ボルカー・ルール」の見直しに賛同している。[矢野 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パウエル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パウエルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation