@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パウルス(3世)【ぱうるす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

パウルス(3世)
ぱうるす
Paulus
(1468―1549)
ローマ教皇(在位1534~1549)。俗名アレッサンドロ・ファルネーゼAlessandro Farnese。1534年にイギリス王ヘンリー8世を破門した。またいわゆる改革教皇の一人として、まず教皇庁内部組織を刷新し、新しい部門として異端審問所Inquisitioを設け、また枢機卿(すうききょう)会を充実させた。しかし彼の最大の功績は、長年待望されていた公会議の開催を実現したことにある。招集の宣言は1535年に行われたが、ドイツとフランス双方からの干渉で、最初の予定地マントバでの開催は延期され、1545年12月13日、イタリアとの国境に近いトリエント(トレント)において開催された。この有名な公会議は、四囲の状況により3期に分けられたが、彼はその第一期(1545~1547)を指導し、カトリックの伝統的教義の確認、修道院の刷新を決議させた。また、ミケランジェロの援助者としても知られている。[磯見辰典]
『H・テュヒレ他著、上智大学中世思想研究所編訳『キリスト教史 第5巻』(1981/新装版・1991・講談社/改訂版・平凡社ライブラリー) ▽P・G・マックスウェル・スチュアート著、高橋正男監修、月森左知・菅沼裕乃訳『ローマ教皇歴代誌』(1999・創元社) ▽鈴木宣明著『ローマ教皇史』(教育社歴史新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

パウルス(3世)
Paulus Ⅲ
1468〜1549
ローマ教皇(在位1534〜49)
反宗教改革の推進者で,イングランド王ヘンリ8世を破門し,ドイツ新教徒に対するカール5世の弾圧を援助した。またイタリアに宗教裁判所を設け,1545年にはトリエント公会議を召集して異端を禁圧。ミケランジェロの保護者としても知られる。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パウルス(3世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パウルス(3世)の関連情報

関連キーワード

パウルス3世伯爵戦争ケットの乱日本史ケットケット一揆ノックス(John Knox)礼拝統一法イエズス会イエズス会

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation