@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パスピエ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パスピエ
passepied
フランス北西部,ブルターニュ地方に起源する集団舞踊。早めの8分の3拍子,または8分の6拍子を用いる陽気で快活な踊りブランルに近い。ルイ 14,15世の時代にフランスの宮廷で流行した。特にルイ 14世はこれを好んで踊ったという。その後,男女の求愛パントマイムを加えた組舞踊となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

パス‐ピエ(〈フランス〉passe-pied)
17~18世紀に愛好された8分の3拍子または8分の6拍子の快活な舞曲

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぱすぴえ【パスピエ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

パスピエ
ぱすぴえ
passepied
17、8世紀にフランスで流行した、3/8または6/8拍子の速い舞曲。名称は「運ぶ足」の意。宮廷の舞踏会では、一組のカップルだけが前に出て踊った。リュリやラモーなどのフランス・オペラ(とくに田園や海の場面)、クープランやJ・S・バッハなどの鍵盤(けんばん)楽器や管弦楽のための組曲では、二曲が対(つい)の形で現れ、第一曲が第二曲のあとで反復される。なお、ドビュッシーは、ピアノ曲『ベルガマスク組曲』(1890)のなかにこの舞曲を用いている。[関根敏子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パスピエ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パスピエの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation