@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パッフ【ぱっふ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

パッフ(Johann Friedrich Pfaff)
ぱっふ
Johann Friedrich Pfaff
(1765―1825)
ドイツの数学者。シュトゥットガルトに生まれ、ゲッティンゲン、ベルリンの大学に学んだ。1788~1810年ヘルムシュテット大学数学教授を務めたが、その学生のなかにガウスがいた。1810年以降ハレ大学教授。
 とくに偏微分方程式の研究で知られ、彼の名を冠してよばれる方程式を研究し、その解に対して成り立つ関係を証明した(1814~1815)。その重要性は1827年にK・ヤコービによって指摘され、この関係式を積分する問題はヤコービの命名で「パッフの問題」といわれるが、微分方程式の幾何学的な理論やその応用に重要であり、また力学や熱力学などの物理学や工学との関連でも役割を担ったものである。[藤村 淳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パッフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パッフの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation