@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パトリオット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パトリオット
Patriot
アメリカ軍の新型移動式 SAM (地対空ミサイル) 。 1985年に部隊配備開始。低高度から高高度までの多目標を同時に迎撃可能。一般的な発射ユニットは,レーダ装置,射撃管制装置,電力供給車,4連装ミサイル発射機8基で構成される。フェーズドアレイレーダ装置は目標のうち最も脅威性の高いものを瞬時に選び,そのデータをミサイルに伝える。ミサイルは内蔵コンピュータにデータを記憶し,目標に向って発射される。飛行中は捕捉した相手のデータを地上の射撃管制装置に送信し,地上から新たなデータを受信しながら目標に向う。この方式は,ミサイル本体に複雑な装置を組込まずにすむ利点があるほか,レーダの誘導電波に乗って飛ぶため敵の妨害電波に強く,高い命中精度が得られる。湾岸戦争でアメリカ軍は,サウジアラビアに向けて発射されたイラク軍のスカッド・ミサイル 47発中 45発を撃墜したと発表した。しかし,レーダ式近接信管で目標を撃破するパトリオットは,敵ミサイルを破壊してもその弾頭まで破壊するとはかぎらず,弾頭だけ地上に落下,爆発することもある。このため湾岸戦争でのスカッド撃墜数は 30発とする資料もある。自衛隊は 89年に導入したが,初期のものは航空機迎撃用だったため,湾岸戦争の教訓から,92年度からミサイル迎撃能力を持つ PAK2型を導入している。主要目は,射程3~160km,有効高度 60~2万 4000m,速度マッハ 3.7,全長 5.3m,直径 41cm,発射重量 700kg,推進方式固体燃料,弾頭威力近接信管 91kg。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

パトリオット(patriot)
愛国者。
(Patriot)米国製の地対空ミサイルシステム。および、そのミサイルの通称。米軍や日本の自衛隊などが使用している。パトリオットミサイルペトリオット

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

パトリオット
ぱとりおっと
Patriots

愛国派の意で、アメリカ独立革命に際して独立を主張した人々をいう。彼らは本国イギリスよりも「アメリカ」という国を愛するという意味でこうよばれ、本国の政策に同調する「ロイヤリスト」Loyalists(国王派)に対抗して、革命前の反本国運動を展開した。パトリオットの内部には、大商人、プランターなどの富裕者を中心として、革命の指導的立場にたった愛国保守派と、秘密結社「自由の息子たち」Sons of Libertyなどの伝統を引く民衆勢力を中心とした愛国急進派とがあったが、本国に対して抵抗のための統一戦線を組んだ。独立後の新しい国家体制の建設をめぐって急進派は民主主義の徹底を主張したが、革命に主導権を握った保守派により合衆国憲法体制が敷かれた。

[島川雅史]

『今津晃著『アメリカ革命史序説』(1960・法律文化社)』『武則忠見著『アメリカ革命の価値体系の研究』(1972・亜紀書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

パトリオット
〘名〙 (patriot)
① 愛国者。
② 米国陸軍が使用する地対空ミサイルの名称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パトリオット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パトリオットの関連情報

関連キーワード

地対空ミサイルSAM抗堪性シーガル走査型顕微鏡SXM三昧地対空ミサイルマリアンヌサンポコン寺院

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation