@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パトリモニアルシー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パトリモニアルシー
patrimonial sea
世襲水域,固有水域などと訳される。 1972年6月の「海洋問題に関するカリブ海諸国専門会議」のサント・ドミンゴ宣言で提案された水域。沿岸国は 12カイリ領海の外側に基線から 200カイリまでの海域をパトリモニアルシーとして,その水中・海底および地下にあるすべての天然資源に対して主権的権利を有するという構想である。同趣旨の提案は第3次国連海洋法会議でも行われ,アフリカ諸国の排他的経済水域構想とともに,国連海洋法条約による排他的経済水域制度の実現を促進した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パトリモニアルシー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パトリモニアルシーの関連情報

関連キーワード

賄賂罪請託アッタロス[1世]津野[町]職権濫用罪フラミニヌスアッタロスアッタロス1世アッタロス朝アルビヌス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation