@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パニエ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パニエ
panier; pannier
ヨーロッパの女性が 18世紀に使用したスカートを広げるための腰枠形式のペティコートないしアンダースカートの1種。パニエはフランス語で,英語ではフープあるいはパニアーという。 1718年頃,舞台女優が用いたのが初めとする説があるが,定かではない。 1720年代以後普及した。当初は吊り鐘状で,横に数段に重ねたトウ (籐) ,木枠,針金くじらひげなどを輪形にし布テープで連結したもので,のちにはちょうつがいの原理を活用して,両脇下にそれらをかかえ込むことのできるように工夫されたものも現れた。パニエはモードの極盛期であるロココ時代の優美な婦人服の最大の特徴であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

パニエ(〈フランス〉panier)
ヨーロッパで18世紀に流行した、スカートをふくらませるための腰枠入りのペチコート。
卓上で、ワインボトルを寝かせた状態で入れておくかご

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

パニエ【panier[フランス]】
本来は〈〉のであるが,ロココ時代,婦人服のスカートをふくらませるために,針金や木の枠,ひげなどを用いて作られたペティコートを指す。イギリスではこれをフープhoopまたはフープド・ペティコートと称した。おそらくルネサンス時代のファージンゲールが18世紀初頭のイギリスで復活したものらしく,1718‐20年ころには早くもフランスに伝えられ,形が鳥籠に似ているところからパニエと呼ばれた。鐘状,楕円状などさまざまな形のものが流行し,一般市民の間にも簡素化した形で広まり,宮廷服としてはフランス革命直前まで使用されつづけた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

パニエ
〘名〙 (panier 「かご、ざる」の意) スカートのフレアの張りを出すための枠。ウェディングドレスなどの下に着用する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パニエ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パニエの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation