@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パブリック

デジタル大辞泉

パブリック(public)
[名・形動]公衆。大衆。また、公であるさま。公的。「企業のパブリックな側面」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本

パブリック
ユーザー名やパスワードなどを入力しなくても利用できる、広く公開された状態を指します。通常、フォルダーなどを「共有」するには公開用の設定が必要ですが、パブリックは無条件でアクセスできるよう設定されます。ウィンドウズでは、利用者しかアクセスできない「マイドキュメント」などの個人用フォルダーとは別に、ユーザー名やパスワードなしで誰でもアクセスできるフォルダーとして「パブリック」を利用します。オンライン・ストレージでも、このようなフォルダーを利用できることがあります。
⇨アクセス、共有

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

日本の企業がわかる事典2014-2015

パブリック
正式社名「パブリック株式会社」。英文社名「PUBLIC CO., LTD.」。製造業。昭和53年(1978)「シンコーパブリック株式会社」設立。同60年(1985)現在の社名に変更。本社は名古屋市中川区福船町。業務用家具メーカー。飲食店・宿泊施設・病院・大学・各種施設向けに家具の製造を行う。主力イステーブルカタログにより通信販売。JASDAQ旧上場。平成21年(2009)MBOにより上場廃止

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

パブリック【public】
形動
公にかかわるさま。公のものであるさま。公共に関するさま。社会全体にかかわるさま。 ⇔ プライベート この問題は-な性質をもっている

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

パブリック
〘名〙 (形動) (public)
① 人民。大衆。公衆。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「常に公衆(パブリック)の疑問に心を用ひ」
② 公であるさま。また、他の語の上に付いて、「公の」「大衆の」の意で用いる。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉三人上戸「私的(プライベエト)にも公的(パブリック)にも、まだ一度だって御招待にあづかった覚えなんぞないぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パブリック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パブリックの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation