@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パラグアイ川【パラグアイがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パラグアイ川
パラグアイがわ
Río Paraguay
ポルトガル語では Rio Paraguai。南アメリカ中部を流れる川。ラプラタ川をつくるパラナ川の最大の支流。ブラジル中部西寄り,マトグロッソ州の高原地帯,標高約 300mの地にを発し,2550kmにわたって南流を続け,コリエンテス上流のパラナ川右岸に注ぐ。上流部は高原地帯を流下したのち,パンタナルと呼ばれる大湿地帯の西縁部を流れ,東岸にクイアバ,タクアリ,ミランダなどの支流を受ける。中・下流部はグランチャコと呼ばれる大平原地帯の東を限りながら,初めブラジル=パラグアイ国境をなし,次いでパラグアイの中央部を貫流,アスンシオンからパラナ川合流点まではパラグアイ=アルゼンチン国境に沿って流れ,西岸にアンデス山脈から流下してきたピルコマヨ,ベルメホなどの大きな支流を受ける。湿潤な温帯気候に属する最南部を除き,流域はほぼ全域サバナ気候に属し,年降水量 1000~2000mmのうち 80%以上は夏季 (10月~3月) に降る。面積約 100万 km2に及ぶ流域の大部分は標高 200m以下の低地で,河床の勾配がきわめて小さい部分が多く,洪水期には低い自然堤防を越えて河水が氾濫し,広範囲にわたって冠水する。南アメリカ内陸部の重要な交通路をなし,パラナ川との合流点から約 2200km上流のカセレスまで航行可能。沿岸主要河港はブラジルのコルンバ,ポルトエスペランサ,パラグアイのコンセプシオン,アスンシオン,アルゼンチンのフォルモサなど。喫水 1.8m以上の船舶はコルンバより上流へは遡航できない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

パラグアイ‐がわ〔‐がは〕【パラグアイ川】
パラグアイを南北に貫流する川。ブラジルのマトグロッソ高原に源を発し、パラナ川に合流する。全長2600キロ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

パラグアイ川
ぱらぐあいがわ
Río Paraguay

南アメリカ中央部、ブラジルのマト・グロッソ高原を源流として南へ流れ、ラ・プラタ川水系のパラナ川に注ぐ川。全長2550キロメートル、流域面積は109万7000平方キロメートルある。上流部はブラジル、下流部はパラグアイを流れるが、一部分でブラジルとボリビアおよびパラグアイとアルゼンチンの国境をなす国際河川である。最上流部の100キロメートル余りを除く全区間、低平な平野を流れる。このため、可航区間はパラナ川合流点より上流2400キロメートルまでと長い。また川沿いには低湿地が連続し、12~5月の増水期には広大な地域が冠水する。とくに上流部には南北500キロメートル、東西200キロメートルの広大なパンタナール湿原が広がっている。下流部の沿岸にはパラグアイの首都アスンシオンがある。

[松本栄次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラグアイ川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パラグアイ川の関連情報

関連キーワード

リオ・ティントバレーラホークスリオデジャネイロホークス(Howard Hawks)FCバルセロナウェーバー(Bruce Weber)ヴァーレ・インコ研究倫理教育責任者クリス カトラー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation