@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パラジウム触媒【パラジウムショクバイ】

化学辞典 第2版

パラジウム触媒
パラジウムショクバイ
palladium catalyst

パラジウムの触媒作用を利用した触媒.金属パラジウムは白金,ロジウムと並んで酸化活性,水素化活性が高い.水素化触媒としての特徴は,アセチレン結合の部分水素化にとくにすぐれていることである.アセチレン結合が残っている間,触媒表面はこれに占領され,オレフィンの水素化が抑制される.この特質をさらに強調するため,部分的に被毒させた触媒も使われており,リンドラー触媒はその例である.パラジウム塩の触媒作用としては,エテンまたはプロペンを水溶液中で酸化してアセトアルデヒドあるいはアセトンにするワッカー法(ヘキスト-ワッカー法)の触媒が有名である.この触媒には塩化パラジウム(Ⅱ)に塩化銅(Ⅱ)を併用する.主反応は塩化パラジウム(Ⅱ)による酸化であり,塩化銅(Ⅱ)は還元されたパラジウムを再酸化する.この触媒反応は水溶液中で行われるが,これを酢酸溶媒中で行うと,酢酸ビニルを生じる(モイセーエフ(Moiseev)法).その際,アセトアルデヒドが副生する.気相法で,アルミナなどの担体に金属パラジウムをつけた触媒を使って,エテンと酢酸と酸素とを反応させると,CuCl2のようなレドックス剤なしに酢酸ビニルが生成し,副生成物が少ない.また,自動車排気ガス浄化触媒の主成分の一つである.パラジウム-活性炭触媒または塩化パラジウム(Ⅱ)-シリカ触媒によりエテンと青酸を酸化的に反応させ,アクリロニトリルを得る方法(オキシシアネーション)も知られている.以上のほか,エテンの二量化,カルボニル化などパラジウム塩が示す触媒作用は非常に広汎である.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラジウム触媒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パラジウム触媒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation