@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パリのアメリカ人

デジタル大辞泉プラス

パリのアメリカ人
アメリカの作曲家ジョージ・ガーシュインの管弦楽曲(1928)。原題《An American in Paris》。『ラプソディー・イン・ブルー』と同じく、ジャズの要素を採り入れたガーシュインの代表曲の一つ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パリのアメリカ人
2014年初演のミュージカル作詞:アイラ・ガーシュイン、作曲:ジョージ・ガーシュイン、演出振付:クリストファー・ウィールドン。1951年公開のアメリカ映画「巴里のアメリカ人」に基づく。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

パリのアメリカ人
ぱりのあめりかじん
An American in Paris
ジョージ・ガーシュイン作曲の管弦楽曲。1928年、パリ旅行の印象に基づいて作曲され、同年ニューヨークのカーネギー・ホールで初演された。既存の形式にとらわれず、自由なラプソディー風の三つの部分からなり、パリの町をもの珍しげに歩き回るアメリカ人の姿をユーモラスに描いている。『ラプソディー・イン・ブルー』で好評を得たガーシュイン独特の親しみやすい旋律と新鮮なブルース・ハーモニーがこの曲にも生かされ、さらに伝統的な和声法や管弦楽法を学んだ成果がごく自然な形で混合されたシンフォニック・ジャズである。こうした音楽の様式からみても、また題材そのものからみても、両大戦間におけるアメリカの文化を象徴した作品といえよう。なお1951年には、この曲を中心にしたミュージカル映画『巴里(パリ)のアメリカ人』(監督ビンセント・ミネリ、振付け・主演ジーン・ケリー)がつくられた。[三宅幸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パリのアメリカ人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パリのアメリカ人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation