@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パリクラブ

デジタル大辞泉

パリ‐クラブ(The Paris Club)
公的債務政府債務および政府保証付債務)の繰り延べ交渉を行う債権国会議

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外国為替用語集

パリクラブ
1956年、アルゼンチン対外債務支払いが遅延した際、パリに主要債権国が集まり返済繰り延べなどを協議したのが始まり。主要債権国が、対外債務の返済が困難となった債務国について、公的債権の返済条件を変え、返済繰り延べなどを協議する会議。恒久メンバーは経済協力開発機構(OECD)加盟18カ国とロシア。事務局はフランス財務省。

出典:(株)マネーパートナーズ

大辞林 第三版

パリクラブ【Paris Club】
パリで開かれる主要債権国会議。特定債務国の公的債務の返済について協議する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パリクラブ
Paris Club
債務履行が困難となった債務国に対し,債権国が債務返済繰延べなど債務救済の調整を行なう会議。非公式な債権国会合で,債権国間の公平な負担を確保するための役割を担う。参加国は,アメリカ合衆国,イギリス,イタリア,カナダ,ドイツ,日本,フランス,ロシア,アイルランドオーストラリアオーストリアオランダスイススウェーデンスペインデンマークノルウェーフィンランドベルギーの 19ヵ国。原則として,政府,公的機関(貿易保険機関を含む)がかかわった債務を対象とする。1956年アルゼンチンを対象国としてパリで交渉を行なったのが始まり。会合は原則年 10回開催され,フランスが議長国を務めパリで開催されるため,パリクラブと呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パリクラブ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パリクラブの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation