@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パレンケ

デジタル大辞泉

パレンケ(Palenque)
メキシコ南東部、チアパス州西部にあるマヤ古典期を代表する遺跡マヤ文明の研究に重要な碑文が多数発見された神殿や、天体観測が行われたと思われる宮殿がある。1987年、「古代都市パレンケと国立公園」の名称世界遺産文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

パレンケ【Palenque】
メキシコ,ユカタン半島の南部,メキシコ湾に注ぐウスマシンタ川の中流域にあるマヤ文化の神殿建築遺構群。マヤの諸都市のうち,ティカルTikalに代表される初期の遺跡についで,上流にあるヤシュチランYaxchilán,ピエドラス・ネグラスPiedras Negrasなどの遺跡とともに,7~8世紀ころ栄えた。500m×300mの中心部の周囲東西10kmにわたってひろがる。メキシコ国立人類学歴史学研究所で調査,修復が行われている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

パレンケ
ぱれんけ
Palenque

メキシコ南部チアパス州西部にある古典期のマヤ遺跡。1987年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。1952年「碑文の神殿」から、ひすいの面をかぶった王者の地下墳墓が発見され、その後碑文の解読がアメリカの学者たちにより精力的に行われて、パレンケの王朝の歴史の一部が解明された。埋葬された王は、紀元683年に80歳で死んだパカルであり、その子チャン・バアルムの時代に彼を葬るため神殿が建てられた。また同じ時代に、「太陽の神殿」、「十字の神殿」、「葉状十字の神殿」などの、パレンケを代表する優美な建物も建てられた。王や貴族の住居だったと考えられる「宮殿」は、パカルの時代に建設が始まって、その後の王たちの手で次々に建て増しされたらしい。マヤ建築で唯一の4階の塔が付属している。パレンケの勢力は、764年に即位したクック王の時代に衰退に向かったらしい。パレンケでは、ティカルやコパンなどにみられる独立した碑石でなく、建物の壁やパネルに文字記録が彫刻されているのが特色である。

[増田義郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パレンケ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パレンケの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation