@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パンジャブ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パンジャブ
Punjab
インド亜大陸北西部,パキスタンとインドにまたがる広大な地域。パンジャブとは「5つの川」を意味し,インダス川支流のジェルム,チェナブ,ラビ,ベアズ,サトレジの各河川の流域をさす。西方とインドを結ぶ交通路にあたるため,古くから軍事,経済,文化の要衝として重要な役割を果した。前 5000年の集落跡,インダス文明跡,アショーカ王時代の仏教遺跡デリー王朝ムガル帝国のイスラム建築などが残る。 18世紀末からはシク教徒の本拠地。 1803~49年にイギリス領となり,その一となった。 1947年インドとパキスタンの分離独立に伴い,両国にその州名が残る。インダス川の水利による灌漑施設の整備で,穀倉地帯として発展している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

パンジャブ(Punjab)
《五つの河の意》インド北部からパキスタン中北部にかけてのインダス川中流域の地方。古代インダス文明発祥の地。五河地方。1947年の両国独立により分割され、それぞれ州となる。インド側の州都チャンディガル。パキスタン側の州都はラホールパンジャーブ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

パンジャブ
(Paṃjāb)
[一] インド北西部からパキスタン中北部にまたがるインダス水系中流域の地方。ジェラム・チェナーブなどインダス川の支流が流れ、灌漑による農業が行なわれている。主産物は小麦・米・綿花。古代文明発祥の地で、ハラッパーの遺跡がある。
[二] インド共和国北西部の州。北はカシミール、西はパキスタンに接する。州都チャンディガル。
[三] パキスタン中北部の州。州都ラホール。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パンジャブ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パンジャブの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation