@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パンセ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パンセ
Pensées
フランスの哲学者ブレーズ・パスカル主著。自由思想家に対してキリスト教信仰の正当性を擁護し回心させる目的で企画された大著『キリスト教弁証論』 Apologio de la religion Chrétienneの草稿断片集。 1656年着想,58年大綱ができたが 62年パスカルのにより未完成に終った。残された原稿は刊行委員会が整理して 70年公刊された。その後原稿のより忠実な再現を求めて新しい版が続出した。信仰の書として現代にいたるまで大きな影響を及ぼしている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

パンセ(〈フランス〉Pensée)
思考・思想のパスカルの遺稿集。「キリスト教弁証論」の断章を集成したもの。1670年刊。悲惨と偉大の矛盾に満ちた人間存在を指摘し、信仰による人間の幸福を情熱論理とを兼ね備えた文体で説く。冥想

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

パンセ【Pensées】
フランスの思想家パスカルの遺著。《瞑想録》との訳語もある。彼は生前,自由思想家の主張を論駁し,読者をキリスト教の信仰にいざなうための著作を準備していたが未完に終わり,断片的なノートが残された。それをポール・ロアイヤルの人々が編集し,《宗教および他の若干の問題に関するパスカル氏の断想(パンセ)》と題して1670年に出版した。以来,現在に至るまで断片の配列を変えた各種の版が出されたが,1940年代にパスカルが著作プランを立ててそれに応じて断片を分類していたことが発見され,著作の構想をある程度理解することが可能になった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

パンセ
ぱんせ
Pensées

パスカルの遺稿集。『瞑想(めいそう)録』の訳名もある。パスカルの死後、1670年に『宗教その他若干の主題についてのパスカル氏の思想(パンセ)』Pensées de M.Pascal sur la religion et sur quelques autres sujetsと題された初版が刊行された。遺(のこ)された断章の多くは執筆予定の『キリスト教弁証論』の覚え書きであり、断章の配列をめぐって多数の版が現れた。もっとも広く読まれてきたのはブランシュビック版(1897)であるが、現在では第一写本を優先するラフュマ版(1951)の系列が、パスカル研究の標準的刊本として認められている。『キリスト教弁証論』はキリスト教の真理性を証明し、人々を信仰へと導くことを目的としている。パスカルはこれを人間学的考察と神学的考察の二部構成で考えた。まず、無限と無の中間者である人間が、悲惨と偉大の矛盾的存在として示される。人間の悲惨は、真理や正義に対する無力や、宇宙における取るに足らぬ位置から明らかである。だが、人間は「考える葦(あし)」でもある。そこに人間の偉大と尊厳がある。人間は自分の悲惨を知るゆえに偉大であるが、悲惨を意識することで人間は救われはしない。悲惨な存在であることを忘れるために人間は気晴らしを求めるのである。こうした人間存在を前にしては、エピクテトスやモンテーニュなどの哲学者も無力である。彼らはいずれも人間の一面しかみていず、悲惨と偉大という二重性から生じる不幸を解消できない。人間の救済には、哲学のような人間学的次元から神学的次元へ進まなければならない。「人間は無限に人間を超えている」のである。こうして宗教の考察に向かったパスカルは、人間の矛盾を解き、悲惨から脱する道がキリスト教によって示されていることを明らかにしようとした。無力な理性を退け、心を尽くして神を探し求めよ、とパスカルはいう。それによって初めて、身体と精神の秩序を超えて、キリストを介して生ける神との深い内的関係が確保される「愛」の秩序へと飛躍することが可能となる、と説くのである。

[香川知晶]

『『パンセ』(前田陽一・由木康訳・中公文庫/松浪信三郎訳・講談社文庫/田辺保訳・角川文庫)』『田辺保著『パンセ』(有斐閣新書)』『前田陽一著『パスカル「パンセ」注解 1』(1980・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

パンセ
[1] 〘名〙 (pensée) 思考。思索。また、思想。
※構想力の論理(1939)〈三木清〉制度「本能でさへ、スゴンの云ふ如く一つのパンセ(思想)であり」
[2] (原題Pensées) 哲学書。パスカル著。一六七〇年刊。パスカルの死後発見された草稿の断片をポールロワイヤル修道院の友人たちが編集・出版したもの。人間の不安定性や矛盾性を追求しつつ、キリスト教的な弁証法に基づいて賭(かけ)による神の論証、「考える葦」の思想などを論じた。副題「宗教についての考察」「瞑想録」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

パンセ
Pensées
フランスの哲学者パスカルの遺稿集。『瞑想 (めいそう) 録』ともいう
1670年刊。人間性のもつ矛盾を鋭く指摘し,その唯一解決をキリスト教のうちに求めた作品。特に「人間は考える葦である」という言葉は有名

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パンセ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パンセの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation