@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パンテオン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パンテオン
pantheon
多神教の古代ギリシアローマでは,万神殿であったが,のち転じて国家的英雄,偉人霊廟もさすようになった。アテネ,ローマ,パリのものが有名で,アテネのものはローマ皇帝ハドリアヌスにより建てられた。ローマのものは,前 27年 M.アグリッパが創建したが 80年炎上し,120年頃ハドリアヌス帝が再建した。古代ローマ最大の円蓋建築 (ドーム) で,本堂に 16本のコリント式大円から成る玄関廊が付属する。ドーム頂部の円窓から採光される堂内には,古代に神像の安置されていた7個の壁龕がある。 609年キリスト教の聖堂に転じ,サンタ・マリア・ロトンダと呼ばれた。近代の国家的霊の代表的なものはパリにあり,1764年サント・ジュヌビエーブ聖堂として J.-G.スフロにより創建されたが,フランス革命以来パンテオンと呼ばれるようになった。コリント式列柱廊を正面に配した,長さ 110m,幅 84mのギリシア十字形の新古典主義建築で,中央交差部に高さ 83mのドームがそびえている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

パンテオン(Pantheon)
《すべての神に捧げられた神殿の意》ローマ市内にある、古代ローマの円形神殿。古代ローマ最大の円蓋建築で、前27年アグリッパ建設。のち、焼失して、120年から125年にかけてハドリアヌス帝が再建。現在はキリスト教寺院で、ラファエロらの有名人、近代イタリア諸王の墓廟となっている。
パリにある国家的功労者の墓廟。ユゴーゾラルソーらが埋葬されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

パンテオン【Pantheon】
ローマのパラティヌスの丘近くに,ローマ皇帝ハドリアヌスによって118年ころ着工,125‐128年ころ完成した神殿。パンテオンとは〈汎神殿〉〈万神殿〉の意。内径42.8mの円形プランを有し,その上に半状のドームがのる。床面から内側最高部まで42.8mある。軀体はコンクリート造であり,壁体の最も厚い部分は6mある。円堂形の主要部の前にはポルティコ(列柱廊玄関)形式の前部が付く。その三角破風下には〈マルクス・アグリッパ,第3回コンスルのとき(これを)造る〉という碑文があるため,19世紀末では前1世紀末に建造されたとみなされていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

パンテオン
ぱんておん
Pantheon

ローマ市内にある古代ローマの神殿。115~125年ごろ、ハドリアヌス帝によって建てられた、ローマ最大の円蓋(えんがい)建築。完成はアントニヌス・ピウス帝(在位138~161)時代。円形本堂の内径ならびに天井の高さはいずれも43.2メートル、壁の厚さ6.2メートル。北側入口にコリント式柱前柱式の突出廊があり、柱の高さは12.5メートル。本堂内部には七つの壁龕(へきがん)が設けられ、おそらくユピテル(ジュピター)、アポロン、ディアナ(ダイアナ)、メルクリウス(マーキュリー)などの七至上神が祀(まつ)られていたと考えられる。ドームの内側は円蓋天窓の部分を除いて放射状に全部で28列の格間(ごうま)で覆われ、それぞれの格間は五段ずつになっている。採光はドーム頂上に設けられた円形天窓(直径7.5メートル)だけで、壁面には窓はなく、巨大な堂の外形はまったく無装飾である。この神殿は、その数的比例の美と壮大な内部空間の創造という当時の驚くべき土木技術により、西洋建築史上不朽の名作の一つに数えられる。パンテオンは7世紀初めその所有権が教皇の手に渡り、キリスト教の寺院となった。ラファエッロら有名人のほか、近代イタリア諸王が埋葬され、国家的墓廟(ぼびょう)となっている。なお、パンテオンのあるローマ歴史地区は教皇領、サンパオロ・フォーリ・レ・ムーラ教会とともに世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。

 パンテオンの名称は、「すべての神々の神殿」といった意味であるが、今日では国家的栄誉のある物故者に捧(ささ)げられる建物の意味に用いられ、この種の例としてはサント・ジュヌビエーブ修道院聖堂を霊廟とした「パリのパンテオン」が有名である。

[前田正明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

パンテオン
(Pantheon ギリシア語で神々の意)
[一] ローマにある円形神殿。二世紀初めにハドリアヌス帝が再建。円形の平面の上に半円のドームを戴き、内部には半径二二メートル強の球が内接する空間が作られている。
[二] パリに建つ新古典主義の建築。聖ジュヌビエーブ教会として、一七六四年から八〇年に建設。J=G=スフロ設計。柱を多く用い、新古典主義建築の先駆となる。フランスの国民的偉人をまつる記念堂として用いられている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

パンテオン
Pantheon
古代にもろもろの神を祭った神殿
「すべての神々の神殿」の意。ローマ市に残る円形ドームのものが最も有名で,前27〜前25年,アクティウムの海戦の戦勝記念としてアグリッパが建立した。110年落雷のため焼失し,115〜125年にハドリアヌス帝が再建。18世紀ルイ15世がパリに建てた同名のパンテオンは,フランスの偉人の廟 (びよう) である。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パンテオン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パンテオンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation