@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パンフレット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パンフレット
pamphlet
一般には宣伝,啓蒙のための小冊子のこと。 16世紀,宗教改革の時代にはイギリスフランス,ドイツで盛んに出版され,ルターはそれを最も効果的に用いた。エリザベス朝のイギリスでは物語や自伝,社会批評などを盛ったパンフレット文学が生れた。 18世紀に市民社会が最も早く成立したイギリスで,特に政党や政治団体によって大衆を説得するための政治パンフレットが盛んにつくられ,トマス・ペインの『コモン・センス』 (1776) は絶大な影響力をもった。またフランスではルソーボルテール,モンテスキューらの啓蒙思想家がパンフレットを多作した。現代ではパンフレットは論争より情報のために出されるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

パンフレット(pamphlet)
案内・説明・広告などを記載した仮とじの小冊子。パンフ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

パンフレット【pamphlet】
出版物の一形態で,内容上は書籍と同じであるが,ページ数が少なく,簡単な製本でできている小出版物。多くは仮綴じ。パンフと略称され,小冊子ともいわれる。書籍との区別は画定し難く,一般に6ページ未満のもの(デンマーク),49ページ未満(カナダ,フィンランドノルウェー),100ページ未満(イタリア,日本)などと国によっても漠然と異なっていた。このため,ユネスコでは1964年第13回総会で,《図書及び定期刊行物の出版についての統計の国際的な標準化に関する勧告》を採択した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

パンフレット【pamphlet】
仮綴じの薄い冊子。パンフ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

パンフレット
ぱんふれっと
pamphlet
冊子形式の一色もしくは多色使用の商業印刷物。製本は仮綴(かりと)じ、ページは数ページから数十ページのものにわたる。規格としては、A5、A6、B5の各判が多いが、B4判、A4判の大きなものや変型のものもある。ほぼ同様な意味で使われるブックレットbookletとは、表紙をつけ、見返しや扉を配して本格的に製本し、本に近い体裁にしたものをいう。パンフレットの語源には定説がなく、定義としては、その初期には大衆教化の宗教宣伝物を主としていたものが、一般の読み物に発展してきたように、「てっとり早く、より多くの、より広い範囲の相手に伝える印刷物」といえる。新聞、雑誌も最初はパンフレットで、のちにそれが内容、体裁の両面で分化し、それぞれがジャーナリズムの機能を発揮するようになった。今日では商業的な広報印刷物として主要な地位を占めているが、政治性を帯びた宣伝物としていまなお利用されている。パンフレットの最初は1601年、当時イギリス最大の商業組合であった冒険貿易商会のつくった『商業論』といわれる。日本では1786年(天明6)に黄表紙の創始者恋川春町(はるまち)が書いた『三舛増鱗祖(みますますうろこのはじめ)』という宣伝のために顧客に配った景物(けいぶつ)本が最初である。[島守光雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

パンフレット
分量が数ページから数十ページと少なく,きわめて簡易な方法でとじてある冊子体の印刷資料.折った紙をとじないで重ねただけで冊子体にしたものもある.内容は,商品のカタログ,催し物のプログラム,機械のマニュアル,施設や設備の利用案内,政治的主張の解説など多様であるが,いずれも限定した情報,知識を一時的に提供する目的で作成される点に特徴がある.その特徴から,簡易資料,短命資料(ephemeral),ファイル資料に分類されることがある.配布は,一般の出版流通経路ではなく,特定の集団への郵送,物品への添付,特定の場所での手渡しや放置(「自由にお取り下さい」方式)などによるため,そのほとんどが灰色文献とみなせる.ユネスコでは統計作業のため,“表紙を除き5ページ以上48ページ以下の印刷された非定期刊行物”と定義し,パンフレットをリーフレット,図書,逐次刊行物などから区別している.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

パンフレット
〘名〙 (pamphlet) 説明や広告・宣伝などを記載した仮綴(かりとじ)の小冊子。パンフ。
※透谷子漫録摘集‐明治二三年(1890)二月二七日〈北村透谷〉「余が『渡守日記』を以て一パンフレットと為さん心組愈々切なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パンフレット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パンフレットの関連情報

他サービスで検索

「パンフレット」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation