@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パンヤノキ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パンヤノキ
熱帯アジア原産パンヤ科の高木で,種子に生える長い綿毛を詰め物やふとん綿などに用いる。一般にパンヤノキと呼ばれることのある植物は次の2種である。 (1) カポック Ceiba pentandra; kapoc tree ホンパンヤノキとも呼ばれ,熱帯アジアの原産。大高木で枝が水平に張り,7~9枚の小葉から成る複葉をもつ。種子に長い毛があり,これを枕やクッションに利用する。 (2) インドワタノキ Bombax malabaricum; cotton tree カポックと同じくパンヤ科の落葉大高木で,マレーシアの乾燥地に自生する。単にワタノキともいう。高さ数十mになり,幹は径 50cmほどになる。葉は互生し,長い葉柄のある掌状複葉である。花は径 10cmぐらい。枝先に単生し新葉の出る前に開く。萼も花弁も肉質,花弁は5枚で表面が白く裏面は赤い。多数あるおしべの花糸も紅色で美しい。 蒴果の中には綿毛をもつ種子が多数あり,この毛をカポック同様に利用するほか,種子油は綿実油,樹脂はトラガカントゴムにそれぞれ代用する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

パンヤノキ
ぱんやのき
[学]Bombax malabaricum DC.
パンヤ科キワタ属の落葉高木。インドワタノキキワタノキワタノキなどの別名がある。近縁のケイバ属で、やはり種子を包む綿毛のあるカポックノキCeiba pentandra (L.) Gaertn.は別名ホンパンヤノキといい、ともに英名をsilk cotton treeというので、両者はしばしば混同される。[田中正武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パンヤノキ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パンヤノキの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation