@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パーシェ指数

法則の辞典

パーシェ指数【Paasche index】
指数計算におけるウェイトとして,各時点のを使う方式,すなわち

による指数をいう.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

パーシェしすう【パーシェ指数 Paasche index】
物価あるいは数量指数算式として,ドイツの経済学者パーシェHermann Paascheが1874年に提唱した方法による指数をいう。基準年次の第i番目の財・サービスの価格をpi0とし,比較年次の第i番目の財・サービスの価格,数量をそれぞれpi1,qi1とすれば,パーシェ物価指数Pと表される(パーシェ数量指数は,この式において価格と数量を入れ替えることによって得られる)。これは比較年次の数量が基準年次においても取引されたという考えに基づいている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

パーシェ指数
ぱーしぇしすう
Paasche index
ドイツの経済学者パーシェHermann Paasche(1851―1925)により1874年に提案された算式に基づいてつくられる指数のこと。指数を算出するときに比較時の購入割合(ウェイト)を用いる。
 n種の財(商品)についての価格指数をパーシェの算式に基づいて作成する場合を例にして説明すると以下のとおりとなる。財iの基準時(比較の基準となる時点)の価格をp0i、比較時(t時点)の価格をptiとし、その財の比較時の購入量をqtiとする。t時点のパーシェの価格指数PP(t)は次の式で算出される。

 また、財iの比較時の購入金額をwtiptiqtiとすると、t時点のパーシェの価格指数PP(t)は以下の式でも表現でき、各財の価格を比較時のウェイトで加重平均していることが示される。

 パーシェ指数では、指数算定のつどウェイトを変更しなければならないという欠点はあるが、経済構造の変化を反映したものになる。[飯塚信夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パーシェ指数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パーシェ指数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation