@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パート

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パート
PERT; program evaluation and review technique
目標を時間どおり完成させるための計画・管理統制の手法。複雑な作業間の相互関係を一定の規約のもとにネットワーク図に表わし,これを分析して目標を達成するのに必要な時間と,その時間内に達成できる確率を求める。単一作業の所要時間が確率的な場合に用いられる。ポラリスミサイルの研究開発計画に際して考案されたものであるが,現在では一般企業のほか防災計画にも利用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

パート
パートタイム労働者のパートタイム労働法では「1週間の所定労働時間が同一事業所の通常の労働者より短い労働者」と定義している。当てはまればアルバイト契約社員などの呼称に関係なく同法の対象になる。同法では(1)正社員と仕事が同じ(2)転勤異動が正社員と同じ(3)無期雇用の3条件を満たしたパートの待遇などを正社員と差別することを禁じている。国会に提出予定の改正案では条件の(3)が削られる。
(2012-07-20 朝日新聞 朝刊 生活2)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

パート(part)
部分。区分。また、章・編。
役割。分担。職分。「チームで重要なパートを受け持つ」
音楽で、一つの声部。また、楽器別の受け持ち部分。「パート譜」
パートタイム」「パートタイマー」の略。「パートで働く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

パート【part】
部分。全体の一部。また、小説などの章・編。
役割。職分。受け持ち部分。
音楽で声部。また、各楽器の担当部分。
パートタイム・パートタイマーの略。 -に出る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

パート
〘名〙 (part)
① 全体を構成する一つの部分。要素。また、章。編。
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉三「小説ならば、編(パート)が改まるところである」
② ある仕事の中で果たす役割。受持。
③ 西洋音楽で、声部をいう。また、楽器別の受け持ち部分や譜面。
※浅草(1931)〈サトウ・ハチロー〉カジノフォリー裸史・D「パートのよめること前四人に優ること数段」
※男の遠吠え(1974‐75)〈藤本義一〉人生感覚「ある会社にパートで働きに出て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パート」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パートの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation