@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パールバティー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パールバティー
Pārvati
インド神話における主神の一つシバの配偶神。サンスクリット語で「山の娘」の意で,シバのシャクティ (性力) を神格化したもの。慈愛と狂暴の2面をもつため,ウマー Umā (親切な女) ,アンナプールナー Annapūrna (たくさんの米を与える者) ,ガウリー Gaurī (白く輝く者) ,カーリー Kālī (黒い女) ,チャンディー Cāndī (狂暴な女) ,ドゥルガー Durgā (寄りつけない者) など多くの異称をもつ。とりわけ畏怖の側面を表わすカーリーとドゥルガーの信仰が盛んで,多くの手に武器を持ち,恐ろしい女神として崇拝される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぱーるばてぃー【パールバティー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

パールバティー
ぱーるばてぃー
Pārvatī

ヒンドゥー教の女神。シバ神の妻。パールバティーは「山の娘」の意味で、ヒマラヤ山の娘であるとされる。別名、ドゥルガー、ガウリー、カーリー。軍神スカンダ(クマーラ)、および象面のガネーシャ(聖天)は、彼女の生んだ息子とみなされる。4、5世紀ごろの詩聖カーリダーサは、シバとパールバティーとの恋愛を題材に、叙事詩『クマーラサンババ』(クマーラの誕生)を著した。その内容は以下のようである。ヒマラヤは娘のパールバティーに、苦行に専念するシバの身の回りの世話をさせていた。悪魔に悩まされた神々は、シバに軍神となるべき息子をつくらせるために、愛神カーマを派遣してシバに愛欲をおこさせようとする。カーマは怒ったシバに焼かれた。パールバティーは苦行に専念してシバの愛を得て彼と結ばれる。

[上村勝彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パールバティー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パールバティーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation