@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヒダツァ族【ヒダツァぞく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヒダツァ族
ヒダツァぞく
Hidatsa
北アメリカ平原インディアンの一民族で,ミズーリ川上流に住むスー族の一分派。土をかぶせた円形家屋の半定住村をつくり,女性はトウモロコシカボチャ,豆の栽培と土器製作,男性は野牛その他の大型動物の狩猟を行なった。年齢組による軍隊組織,母系をたどる氏族組織,太陽踊り儀礼が知られている。言語の類似から,先史時代にはクロー族と関係があったと考えられるが,文化的にはマンダン族と似ており,200年以上友好関係をもって白人との交易にたずさわってきた。 1868年以後マンダン族,アリカラ族同盟を結び,ノースダコタ州指定居留地にともに住んでいる。居留地内の人口は推定約 1000人。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒダツァ族」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒダツァ族の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation