@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヒッピアス(古代ギリシアの僭主)【ひっぴあす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヒッピアス(古代ギリシアの僭主)
ひっぴあす
Hippias

生没年不詳。古代ギリシアのアテネの僭主(せんしゅ)(在位前527~前510)。ペイシストラトスの長男。紀元前527年に父の後を継いで僭主となり、初めは父と同じく穏和な支配を行い、農産物に対する十分の一税を二十分の一税に改め、アルクメオン家など有力貴族とも和解したが、前514年に弟のヒッパルコスHipparchos(前560ころ―前514)が私怨(しえん)により暗殺されてから、暴君的支配者となった。亡命貴族はスパルタを動かし、前510年にスパルタ王クレオメネス1世はヒッピアスを追放して、アテネの僭主政を終わらせた。ヒッピアスは小アジアからペルシア王ダリウス1世のもとに逃れ、前490年にペルシア軍を案内してマラトンに上陸したが、その後まもなく死没したらしい。

[清永昭次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒッピアス(古代ギリシアの僭主)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒッピアス(古代ギリシアの僭主)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation