@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヒッポリツス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヒッポリツス
Hippolytus
[生]165頃
[没]235頃.サルジニア
対立教皇在位 217/218~235)。殉教者,聖人。ギリシア教父。エイレナイオスの弟子。モナルキアニズム論争の渦中にあって,教皇ゼフィリヌスカリクスツス1世を聖父受難説として攻撃。217年カリクスツス1世が教皇になると,信奉者に推されて対立教皇となった。235年,ときの教皇ポンチアヌスとともに迫害を受け,サルジニアに追放されて,両者は和解。神は唯一であるが,内にことばと知恵を含む複数性をもち,創造においてことばを外化し,それは受肉によって聖子になると主張,二神論者との非難を受けた。道徳的には厳格主義者であり,至福千年説を支持。主著『哲学的思想』Philosophumenaはあらゆる異端説を取り上げ,それらが異教哲学に由来することを証明。『使徒聖伝』Apostolikē Paradosisは当時の教会法を成文化したもので,のちの改訂版『ヒッポリツス法令集』Canons of St. Hippolytusが現存。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒッポリツス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒッポリツスの関連情報

関連キーワード

ウラン(放射性元素)ウラン濃縮ウラン原子炉ガス拡散法レーザー同位体分離法メトン周期連鎖反応核燃料物質ウラン濃縮と核開発

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation