@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヒマラヤ

デジタル大辞泉

ヒマラヤ(Himalaya)
《古代サンスクリット語で、雪の住居インド亜大陸チベット高原との東西に連なる世界最高の大山脈パキスタンインドネパールブータン・中国にまたがり、西はインダス川から東はブラマプトラ川に至る。全長約2400キロ。東部に世界最高のエベレスト山(標高8848メートル)がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

ヒマラヤ
正式社名「株式会社ヒマラヤ」。英文社名「HIMARAYA Co., Ltd.」。小売業。昭和51年(1976)「有限会社岐阜ヒマラヤ」設立。平成3年(1991)「有限会社ヒマラヤ」に改称。同年株式会社化。本社は岐阜市江添。スポーツ用品チェーン。中部地区地盤に全国展開。野球・サッカー・テニススキー・ゴルフ用品などを販売。東京証券取引所第2部・名古屋証券取引所第2部上場。証券コード7514。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ヒマラヤ【Himalaya】
インド・ネパール・ブータン・パキスタンと中国の国境地帯にある世界最大の山脈。西はインダス川から東はブラマプトラ川までほぼ東西に連なる新期褶曲山脈。エベレスト(海抜8846メートル)を最高峰とし、7000~8000メートル 級の高峰多数。長さ2415キロメートル。 喜馬拉 喜馬拉雅とも当てた

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ヒマラヤ
(Himālaya はサンスクリットで「雪のすみか」の意) インドとチベットの間にある世界最高の大山脈。パミールの南東方に連なり、狭義にはインダス川とブラマプトラ川に限られた弓形の山脈を、広義にはカラコルム、トランスヒマラヤを加えた山岳地域をさす。世界の八千メートル以上の高峰のすべてを含み、世界の屋根と呼ばれる。最高峰エベレスト(八八四八メートル)。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒマラヤ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒマラヤの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation