@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヒムヤル王国【ヒムヤルおうこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヒムヤル王国
ヒムヤルおうこく
Ḥimyar
南アラビアに前 115年頃から 525年まで存続した王朝。南アラビアには古くから王国が存在し,サバ王国と呼ばれていた。その領域の海岸地帯にヒムヤル族が住み,インドとの海上貿易によってサバ王国の繁栄を支えていたが,前 115年頃からはヒムヤル族は自立し,ザファールを首都とした。3世紀にはサバ王国を併合し,4世紀には首都を内陸部のサナーに移したが,この頃からこの地にユダヤ教キリスト教が浸透してきた。最後の王ズー・ヌワースはキリスト教徒を迫害したので,ビザンチン皇帝ユスチヌスに助けられたアビシニアによって 525年に滅ぼされた。その後も7世紀のイスラム勃興まで,ヒムヤルの貴族はある程度の影響力を保持していた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひむやるおうこく【ヒムヤル王国】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヒムヤル王国
ひむやるおうこく
Himyar

古代アラビアのヒムヤル人がイスラム勃興(ぼっこう)前、現在のイエメンのあたりに建てた王国。ヒムヤル人は最初サバ王国に包含されていたが、紀元前115年ころ支配権を握り、王都をザファールに移した。国号は元どおりサバ王国であったが、このときがヒムヤル王国の始まりとされる。やがて南西アラビアの一帯を統一する一方、インド洋と紅海の海上貿易を独占して、当時珍重された没薬(もつやく)、乳香(にゅうこう)、丁子(ちょうじ)、胡椒(こしょう)などの交易で繁栄し、紀元後3世紀ころ全盛を迎えた。4世紀の一時期アビシニアの最初の侵略を被ったが、まもなく主権を回復したので、その後を第二ヒムヤル王国ともいう。旧来の宗教は月の神を諸神の頂点とする天体崇拝の多神教であったが、キリスト教、ユダヤ教が広まって、宗教紛争が起こり、アビシニアの干渉を受けるようになった。

 最後の王ズー・ヌワースはユダヤ教に改宗して、キリスト教徒を迫害したので、ふたたびアビシニア王の攻略を受けて敗北し、525年ころ王統が絶えた。

[福原信義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ヒムヤル王国
ヒムヤルおうこく
Himyar
古代南アラビアのヒムヤル族がイエメンに建てた国
元来サバー王国に従っていたが,前115年ごろ支配権を握り,ザファールを王都とした。その後南西アラビアを統一し,インド洋と紅海の貿易を独占して乳香・丁子胡椒などを扱った。3世紀に全盛となり,4世紀にエチオピア侵略を受けたが,のちに主権を回復。このころ,キリスト教とユダヤ教が伝わって宗教紛争が起こり,最後の王であるズー=ヌワースはユダヤ教に改宗してキリスト教徒を迫害したため,再びエチオピアの侵略を受けて525年ごろに断絶した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒムヤル王国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒムヤル王国の関連情報

関連キーワード

総合博物館オリジナルグッズ地代(ちだい)エレファンティン神戸大学オリジナルグッズイエメンイエメンモスコビウムモスコビウム名義書換名義書換

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation