@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヒメイカ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヒメイカ
Idiosepius pygmaeus paradoxus
軟体動物門頭足綱ヒメイカ科。胴長 1.3cm,胴幅 0.7cmで,現生する頭足類中の最小種。外套膜は円筒状であるが,後でせばまりとがる。後端近くに楕円形がある。腕は短くほぼ同長で,吸盤が2列に並ぶ。触腕は他の腕の2倍ぐらいの長さで,左右の腹腕は交接腕になる。石灰質はない。体色は黒褐色から灰白色に変化し,外套の背面後部は粘液を多く分泌し,ここで海藻などに粘着する。北海道南部から瀬戸内海の内湾のアマモなどの間にすむ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヒメイカ
ひめいか / 姫烏賊
[学]Idiosepius pygmaeus paradoxus
軟体動物門頭足綱ヒメイカ科のイカ。世界最小のイカで、北海道南部から瀬戸内海、韓国の内湾のアジモや海藻の間にすむ。外套(がいとう)長16ミリメートル、外套幅7ミリメートルに達し、円筒形で、先端よりすこし前に小さいひれが1対ある。また、背面の後方には粘液を分泌するところがあって、その部分で海藻に付着する。腕は短く、触腕はその2倍ぐらいある。外套の中に甲(貝殻)を欠く。[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒメイカ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒメイカの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation