@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヒメシャクナゲ(姫石南花)【ヒメシャクナゲ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヒメシャクナゲ(姫石南花)
ヒメシャクナゲ
Andromeda polifolia; wild rosemary
ツツジ科の常緑小低木。北海道,本州の中部地方以北をはじめ北半球寒地に広く分布し,高山湿地に生える。の高さ 10~30cmで,は細く直立する。全株無毛で,葉は短い柄があってまばらに生し,長さ1~3cmの披針形で下面は粉白色である。6~7月頃に,小型で淡紅色の花を横向きにつける。花冠は壺状である。 蒴果は扁球形で,径3~4mmあり,熟すると開する。花が可憐なためしばしば山草として愛好家に栽培される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒメシャクナゲ(姫石南花)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒメシャクナゲ(姫石南花)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation