@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヒメハルゼミ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヒメハルゼミ
Euterpnosia chibensis
半翅目同翅亜目セミ科。初夏に現れ,カシやシイなどの常緑樹林で大集団で鳴く,翅の透明な中型のセミ体長 (翅端まで) 25~35mm。雄は比較的細長い体をもち,頭胸背部は緑色の地に黒色と緑褐色のがある。雄の腹部は明るい茶色で,やや透けている。第4腹節の側方には瘤状突起がある。雄の腹弁は小さく,左右に互いに離れている。産卵管は長く突出する。鳴き声はミンミンゼミに近い。本州,四国,九州,奄美大島,沖縄諸島,大東島に分布し,本州の一部で発生地が天然記念物に指定されている。なお八重山諸島近縁のイワサキヒメハルゼミ E. iwasakiiが知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひめはるぜみ【ヒメハルゼミ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヒメハルゼミ
ひめはるぜみ / 姫春蝉
[学] Euterpnosia chibensis

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目セミ科Cicadidaeの昆虫。ハルゼミに似ているが、雄の腹部第四節の両側に貝殻状の隆起物がある点で区別される。体長25~30ミリの小形で細身のセミで、体はオリーブ色に黒色の斑紋(はんもん)をもつ。はねは透明。雌の産卵管はきわめて長く、腹端を大きく越えて伸長する。本州、四国、九州、琉球(りゅうきゅう)諸島に分布し、北限は関東地方。一般に産地は局所的で、北限の茨城県、新潟県、千葉県の産地は国の天然記念物に指定されている。7月に出現し、カシ類などの照葉樹の小枝に止まって大合唱をする。合唱時には個々の鳴き声は聞こえず、森全体がうなるようである。琉球諸島には二亜種が知られ、八重山(やえやま)列島には別種のイワサキヒメハルゼミE. iwasakiiが分布する。

[林 正美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒメハルゼミ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒメハルゼミの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation