@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヒューム(Lord Kames Henry Home)【ひゅーむ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヒューム(Lord Kames Henry Home)
ひゅーむ
Lord Kames Henry Home
(1696―1782)

スコットランドの判事、哲学者。家庭教師から教育を受けたのち、科学・哲学・法律などの研究に専念し、『1716年から1728年に至る高等民事裁判所の見事な判例』(1728)によって才能が認められる。1752年にはケームズ卿(きょう)の称号を受け、1763年に高等法院判事となる。アマチュアの農学者としても知られ、自ら庭園を設計。文学が人間の精神内部に引き起こす具体的・生動的イメージ、一種の夢想、有徳の共感的情動などを考究した『批評原論』Elements of Criticism(1762)はドイツ語訳(1763~1766)を含め40以上の版が出版され、アメリカでは19世紀末に至るまで修辞学の教科書として用いられた。

[相沢照明 2015年7月21日]

『William C. LehmannHenry Home, Lord Kames, and the Scottish Enlightenment (1971, Martius Nijhoff, New York)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒューム(Lord Kames Henry Home)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒューム(Lord Kames Henry Home)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation