@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヒヨケザル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヒヨケザル
Cynocephalidae; colugo; flying lemur
皮翼目ヒヨケザル科の動物の総称。1科1属。体長 40cm内外で,外見ムササビに似る。頸から手,足,尾を包む大きな皮をもち,木から木へ滑空する。頭骨口先は幅広く,がんじょうで,下顎門歯にはの歯状の突起がある。果実,花,木の葉など植物質を主食とする。形態的には食虫類や翼手類に似ており,系統的にも近い。フィリピン諸島にフィリピンヒヨケザルとテナセリウムが,インドシナ半島南部からマレー半島スマトラ島ジャワ島,ボルネオ島にマレーヒヨケザルがいる。なお,現生の皮翼目 Dermopteraはヒヨケザル科1科のみである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ヒヨケザル【colugo】
体側に皮膚の膜(飛膜)をもつ皮翼目ヒヨケザル科Cynocephalidaeの哺乳類の総称。コウモリザルともいう。皮翼類Dermopteraは翼手類や霊長類近縁の哺乳類で,飛膜を用いて滑空する。フィリピン南部にフィリピンヒヨケザルCynocephalus volans(イラスト),インドシナ南部からマレー半島,スマトラ,ジャワ,ボルネオなどにマレーヒヨケザルC.variegatusの1属2種がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヒヨケザル
ひよけざる / 日避猿
flying lemur
cobego

哺乳(ほにゅう)綱皮翼目ヒヨケザル科に属する動物の総称。体側に飛膜があり、子を胸に抱いて、滑空することなどがコウモリに似るのでコウモリザルともよばれる。この科Cynocephalidaeの仲間は東洋区の特産で、フィリピン諸島に分布するフィリピンヒヨケザルCynocephalus volans、およびテナセリム(タニンタリー)、インドシナ半島南部からマレー半島を経てスマトラ島、ジャワ島、ボルネオ島に分布するマレーヒヨケザルC. variegatusの1属2種がある。頭胴長33~43センチメートル、尾長24~27センチメートル、体重1~1.8キログラム。前後肢は細長く、頸(けい)部と体の側方から尾の先端までと前後足のつめの基部まで、上下面とも毛で覆われた皮膚状の飛膜が発達する。さらに五指の間にも、膜が水かき状に伸びている。前後足とも五指で、つめは鋭くて曲がり、木登りに適応する。体色は変化に富み、雄では褐色、雌では灰色を帯びる。体上面には不規則な斑紋(はんもん)があり、体下面はやや淡く、斑紋を欠く。吻(ふん)が幅広く、霊長類の頭骨にみられるような眼窩(がんか)輪が顕著である。乳頭は胸に2対しかない。下の門歯は先端が櫛(くし)の歯のように分かれ、突起の数は8~12個に及ぶ。樹葉食に適応して、盲腸が大きく、大腸が長い。熱帯多雨林にすみ、木登りが巧みである。巣や休息場をつくらず、日中は前後足で木の枝にぶら下がり、逆さまになって眠る。夜行性。果実、樹葉、樹の芽、花などを好み、動作は緩慢である。妊娠期間は60日ぐらいで、3月ごろ1産1子または2子を産む。

[吉行瑞子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒヨケザル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒヨケザルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation