@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヒラリウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヒラリウス
Hilarius
[生]?. サルジニア
[没]468.2.29.
サルジニア(→サルジニア島)出身の第46代教皇在位 461~468)。聖人。449年,エフェソスで東ローマ皇帝テオドシウス2世(在位 408~450)によって強引に開催された盗賊教会会議に,教皇レオ1世(在位 440~461)の特使として出席し,コンスタンチノープル総大司教フラウィアヌスを退ける決定に反対した。その訴えは無視されたが,ヒラリウスはローマへ逃れ,レオ1世の後継者に選ばれた。悪弊を正し,南ガリアやスペインから提起された論争を解決するなど,賢明で熱心な管理者であった。465年にヒラリウスが開催した宗教会議は,制定された法律が現存する最古のローマの宗教会議である。祝日は 2月28日。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヒラリウス
ひらりうす
Hilarius
(310ころ―367)

初代キリスト教の有力なラテン教父。フランスのポワチエの高貴な異教徒の家庭に生まれる。当時の修辞学、哲学に通暁していたが、人生の意味を問い求め、聖書を学ぶようになり、ついには改宗して洗礼を受けた。350年ごろ、聖職者と民衆に推されて故郷ポワチエの司教に選出された。アリウス派との論争に参加し、正統信仰の擁護に尽力した。アリウス派を論駁(ろんばく)する主著『三位(さんみ)一体論』12巻を著した。これはアウグスティヌスの『三位一体論』に影響する。そのほか『教会会議』もある。

[中沢宣夫 2017年12月12日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒラリウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒラリウスの関連情報

関連キーワード

哀公[魯]シンプリキウス債権譲渡橋下知事の米原ルート構想ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)アンドラ菅家文草史籍集覧ノルウェー王国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation