@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヒリアード

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヒリアード
Hilliard, Lawrence
[生]1582頃.ロンドン?
[没]1640. ロンドン
イギリスのミニアチュール (小型肖像画) 画家。 16~17世紀の有名なミニアチュールの画家 N.ヒリアードの子で,父のもとで修業し主としてミニアチュールを描いた。 1619年の父の死後宮廷肖像画家の地位を受継ぎ,数多くの王侯貴族の肖像画を制作。作風は父よりも生硬であるが,色彩はより豊富で変化がある。主要作品『肖像画』2点 (1636,38,ボーシャン・コレクション) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒリアード
Hilliard, Nicholas
[生]1547. エクセター
[没]1619.1.7. ロンドン
イギリスのミニアチュール (小型肖像画) 画家。ロンドンに住み,金工と似顔絵にすぐれ,エリザベス1世の宮廷で肖像画を描いた。息子,ローレンス (1582頃~1640) も画家となったが,弟子 I.オリバーがより知られている。作品 27点がロンドンのビクトリア・アンド・アルバート美術館に収録されている。著書『肖像画論』 Treatise on Arte of Limning (1600頃) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ヒリアード【Nicholas Hilliard】
1547‐1619
イギリス美術史上最初の大画家。金工家の子としてエクセターに生まれ,その技術を習得した。1570年ごろにエリザベス1世の宮廷画家兼金工家に任ぜられ,77‐78年ごろフランスに滞在したのを除き終生イギリス宮廷周辺の仕事に携わる。細密画(ミニアチュール)の技法に優れ,手に取って愛玩できるような小型の肖像画を得意とし,エリザベス1世をはじめ宮廷人の肖像を描く。1600年ごろ著した《描写芸術》という小冊子には,彼自身とエリザベス1世の一致した見解として,絵画においては陰影のない明快な描線を用いるべきである,なぜならそれはあいまいさを残さず対象を表現するから,という主張を記している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ヒリアード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒリアードの関連情報

関連キーワード

キリシタンピューリタン革命ブラガンサ朝天文学史(年表)安土桃山時代(年表)ピューリタン革命長期議会ラ・トゥールパチェコエキュ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation