@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビオ・ビオ川【びおびおがわ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ビオ・ビオ川
びおびおがわ
Ro Bo-Bo
南アメリカ、チリ中部の川。アンデス山脈を源流として火山地帯を北西へ流れ、チリ中央地溝帯の平野を横断して大西洋に注ぐ。全長約380キロメートル、流域面積2万4262平方キロメートル。チリ中部の地中海性気候地域と南部の多雨な森林地帯の境界部にあたる。支流のラハ川上流域はチリでの重要な水力発電地帯である。河口には工業都市コンセプシオンがある。[松本栄次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビオ・ビオ川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビオ・ビオ川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation