@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビクトリア(女王)【びくとりあ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ビクトリア(女王)
びくとりあ
Victoria
(1819―1901)
ハノーバー朝第6代のイギリス女王(在位1837~1901)。ジョージ3世の四男ケント公エドワードとドイツのザクセン・コーブルク・ゴータ(サックス・コーバーグ・ゴータ)公家のメアリー・ルイーザ・ビクトリアとのただ1人の子としてロンドンに生まれる。誕生の8か月後に父ケント公は没し、彼女の教育はコーブルク出身の家庭教師にゆだねられ、またのちにベルギー王となる母方の伯父レオポルトもイギリスにあって彼女に影響を与えた。このため少女時代は、イギリスの王家であるハノーバー家の人々から離れた生活を送っていたが、父方の伯父たちが次々と死亡したため、1837年6月に18歳でイギリスの女王の位についた。[青木 康]

女王として

ハノーバーでは女子の王位継承が認められなかったため、この時点で1714年以来続いたイギリス、ハノーバーの同君連合は解消した。当時のイギリスでは君主の政治的権力は縮小しつつあったが、その限界はけっして明確ではなかった。当時の首相、ホイッグ党のメルバーンが彼女の信頼を得て立憲君主としての教育を行ったが、1839年には女王周辺の女官の人事が政治問題化するなど、治世初期は多難であった。同年秋、従兄弟(いとこ)にあたるザクセン・コーブルク・ゴータ公家のアルバートと婚約、翌1840年2月に結婚した。2人は幸福な家庭を築き、1841年には皇太子(後のエドワード7世)が誕生し、その後も何人もの子供に恵まれた。
 女王は広く国民の尊敬を得られるよき妻として行動し、低落していた王家の評判を回復することとなった。夫アルバートは公的な面でも女王の優れた協力者となり、政党制の混乱した1840年代、1850年代に政治面で女王を補佐した一方、1851年のロンドン万国博覧会を成功させるなど、科学技術や芸術の振興にも力を尽くした。1861年にアルバートが病没し、以後女王は寡婦として公的な舞台に登場することを避けるようになり、スコットランドのバルモラルやワイト島のオズボーンに暮らすことが多くなった。しかし政治については強い関心をもち続け、女王としてごく詳細な事項についても報告を求めた。自由党のグラッドストーンを嫌った一方、保守党のディズレーリを寵愛(ちょうあい)し、彼の政策を支持して1876年にはインド女帝を兼ねることになった。治世が長くなるにつれてイギリスの象徴として女王がもつ意味はいよいよ大きくなり、1887年と1897年には、それぞれ治世50年と60年の記念式典が大規模に行われ、それを機にイギリス帝国の植民地会議が開かれた。女王は1901年1月22日に81歳で没した。
 なお、彼女の王位を継いだエドワード7世より、王朝名は、ハノーバー朝からサックス・コーバーグ・ゴータ朝に変更された。[青木 康]

女王治世下のイギリス

ビクトリア女王の治世は63年7か月に及んだ。この時代はイギリスの最盛期で、産業革命を終えたイギリスが世界をリードしていた。女王はそのイギリスの栄光の象徴であり、彼女の娘の1人がプロイセン王家に嫁してドイツ皇帝ウィルヘルム2世の母となるなど、王家は外交でも重要な役割を担った。国内では、彼女の在位中に中流階級が目覚ましい成長を遂げ、議会制民主政治を発達させた一方、伝統的な支配階級である地主貴族階級と融合していった。その過程で、道徳を強調し体面を重んじる「紳士の国イギリス」にふさわしい文化が生み出された。女王は君主としての責任感が強く、治世を通じて積極的に政治に参与したが、彼女が息子エドワード7世に残したものは、国民の王家に対する尊敬の念と、立憲君主の「相談され、激励し、警告を与える」権能であった。[青木 康]
『リットン・ストレイチー著、小川和夫訳『ヴィクトリア女王』(1981・冨山房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビクトリア(女王)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビクトリア(女王)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation