@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビクトリア島【ビクトリアとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ビクトリア島
ビクトリアとう
Victoria Island
カナダ,ノースウェスト准州ヌナブト准州に属する島。 1838年 T.シンプソンにより発見された。プリンスアルバート湾,ハドリー湾などが湾入し,大部分標高 900m以下の丘陵から成り,北部をシエラー山脈が東西に走る。気温は平均-32~-29℃と厳寒で,少数イヌイット (エスキモー) が居住している。南東部のケンブリッジベイにはアメリカ合衆国カナダの気象観測所がある。面積 21万 2200km2

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ビクトリア‐とう〔‐タウ〕【ビクトリア島】
Victoria Island》ナイジェリア南西部の都市ラゴスの都心部の一地区。ギニア湾潟湖(せきこ)の間に位置し、東側が本土に接する。かつては潟湖の南側に位置する島だったが、植民地時代に東側が埋め立てられ、本土と地続き半島になった。大企業や銀行のビルが立ち並ぶ、金融・ビジネスの中心地。
Isla Victoria》アルゼンチン南部、リオネグロ州とネウケン州にまたがるナウエルワピ湖にある島。深い針葉樹に覆われ、散策路が整備されている。中央のトロ海岸の洞窟には、先住民の壁画が残っている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ビクトリア島
びくとりあとう
Victoria Island

カナダ北部、ノースウェスト・テリトリーズおよびヌナブート・テリトリーのフランクリン地区にありカナダ北極海諸島の南西端に位置するカナダ第三の大きさの島。面積21.2万平方キロメートル。北西部と南部の一部にカナダ楯状地(たてじょうち)の続きである標高910メートル以下の高地があるが、その他は東部を中心に低地が広がり、氷河湖が多い。北部は礫(れき)質ツンドラ、南部は灌木(かんぼく)・地衣ツンドラ地域である。1826年にJ・フランクリンにより発見された。南のカナダ本土との間の海峡は、北極海のボーフォート海からバフィン湾に至る北西航路の一部にあたる。

[大竹一彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビクトリア島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビクトリア島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation