@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビゴー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ビゴー
Bigot, George
[生]1860.4.6. パリ
[没]1927
フランスの画家。日本では漫画家として知られる。美郷美好とも書く。パリの美術学校に学び,日本美術研究のため 1883年頃来日,一時陸軍士官学校の教師をつとめたが,のち『郵便報知』『改進新聞』の挿絵,また,藤田鳴鶴訳『繋思談』,佐野尚重訳『想夫恋』などの挿絵を描いた。 1887年前後に漫画雑誌"Tôbaé"を創刊。日本の風習や時事問題を取り上げて評判になった。同誌廃刊後は"Tôbaé Sport" (1890) ,"Vie Japonaise" (1890) ,"Potin de Yoko" (1890) を出した。日清戦争のときはフランスの新聞社の通信員として活躍したが,1899年には筆禍のため日本を去った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ビゴー(Georges Bigot)
[1860~1927]フランスの画家・銅版画家。ゾラの「ナナ」などの挿絵で活躍。明治15年(1882)日本美術研究のため来日。漫画雑誌「トバヱ」などで、日本の風習や時局を辛辣(しんらつ)に風刺した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ビゴー Bigot, Georges Ferdinand
1860-1927 フランスの画家。
1860年4月7日生まれ。エミール=ゾラらの影響で日本に関心をもつ。明治15年(1882)来日し,陸軍士官学校でおしえる。のち風刺漫画雑誌「トバエ」や風刺画集を刊行。また「改進新聞」などに挿絵をかく。日本人と結婚し一子をもうけたが,32年の条約改正による居留地廃止にともない,官憲弾圧をおそれ離婚し帰国。1927年10月10日死去。67歳。パリ出身。エコール-デ-ボザール卒。画集に「日本素描集」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ビゴー【Georges Ferdinand Bigot】
1860‐1927
明治期に日本で活躍したフランスの画家。パリのエコール・デ・ボザール卒業後,ゾラの小説《ナナ》の挿絵を描いたりしていたが,ゾラや美術批評家L.ゴンスらとの交際を通じてジャポニスム(とくに浮世絵)の影響を受け,日本に関心を抱いた。1882年1月,日本美術研究のため来日,同年10月から2年間,陸軍士官学校の画学教師を務める。85年《団々(まるまる)珍聞》に漫画を寄稿,また日本をテーマにした3冊の銅版画集を出版した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ビゴー【Georges Ferdinand Bigot】
1860~1927 フランスの画家。挿絵画家として活躍後、1882年に日本美術研究のため来日。日本の風俗を版画に表し、また漫画雑誌「トバエ」などを刊行し、時事問題や風習を風刺的に描いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ビゴー
びごー
Georges Ferdinand Bigot
(1860―1927)
フランスの画家。パリに生まれ、エコール・デ・ボザールに学ぶ。ゾラやフェリックス・ビュオらとの交際によりジャポニスムの影響を受け、日本に関心をもつ。ビュオに銅版画技術を学び、1882年(明治15)1月、日本美術研究のため来日。当初は横浜で画塾を開くが、同年10月から2年間、陸軍士官学校の画学教師を務め、83年から86年にかけて四冊の銅版画集を刊行。87年ころ帰国を決意するが、西欧ジャーナリズムの通信員の仕事を得て長期滞在するようになり、同時に『トバエ』(1887~90)などの風刺雑誌や風刺画集を刊行し始めるが、条約改正、内外政局、日本人の辛辣(しんらつ)な風刺で官憲にマークされる。日清(にっしん)戦争にはイギリスの新聞『グラフィック』の特派画家として従軍。94年に日本女性佐野マスと結婚して息子モーリスをもうけるが、条約改正による「居留地廃止・官憲の弾圧」を恐れ、マスと離婚し、99年6月モーリスを伴って帰国。パリ郊外ピエーブルに没。[清水 勲]
『清水勲著『明治の諷刺画家・ビゴー』(1978・新潮社) ▽清水勲著『絵で書いた日本人論――ジョルジュ・ビゴーの世界』(1981・中央公論社) ▽清水勲編『ビゴー日本素描集』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビゴー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビゴーの関連情報

関連キーワード

島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation