@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビザンチオン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ビザンチオン
Byzantion; Byzantium
トルコ共和国最大の都市イスタンブールの古名。ラテン名ビザンチウム。アジア大陸とヨーロッパ大陸を分つボスポラス海峡に面した要衝の地を占め,前2千年紀の終りには現在の金角湾の入江に定住が始ったとされるが,ビザンチオン市自体の建設は,前7世紀のなかば,メガラ出身のギリシア人ビュザスに率いられた船隊が上陸し,市を建設したのが最初とされる。アケメネス朝ペルシアの王ダレイオス1世のスキタイ遠征以来,イオニアの反乱の時期を除き,前 478年までペルシアの支配下にあったが,マケドニア王の小アジア進出 (前 340) ,あるいはガリア (ガラテア) 人の侵入 (前 279) のいずれにも抵抗し,市として自立を維持することができた。ローマがマケドニアを破って小アジアに進出してきたとき,これに対抗するアンチオコス3世らのセレウコス朝シリアの諸王により,その前哨拠点として争奪の場とされたが,やがてローマに征服され,ウェスパシアヌス帝 (在位 69~79) のときにはローマの属州として編入された。セプチミウス・セウェルス帝 (在位 193~211) は大規模な建築に着手し整備した。さらにディオクレチアヌス帝 (在位 284~305) のときに,市の城壁は拡大,強化され,名実ともにローマの東洋における中心となり,324年にいたって,帝国における覇権を確立したコンスタンチヌス1世 (大帝) が首都と定め,330年コンスタンチノポリス (コンスタンチノープル ) として正式に発足した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビザンチオン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビザンチオンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation