@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビザンチン建築【ビザンチンけんちく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ビザンチン建築
ビザンチンけんちく
Byzantine architecture
中世の東方キリスト教圏の建築。4~15世紀中葉に東ヨーロッパ一帯に発展したビザンチン帝国の建築で,初期にはローマ式の八角堂や円堂,バシリカ式のものが多かったが,5世紀から6世紀にかけて,ラベンナサン・ビターレ聖堂など,集中式平面にドームを載せる形式が確立し,イスタンブールのハギア・ソフィア大聖堂に代表されるドームや半ドームをかける大規模な聖堂様式が発展した。その後イコノクラスムの時代を経て,セサロニキのテオトコス聖堂などにみられるギリシア十字架形の様式が発達し,15世紀中頃まで続いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ビザンチン‐けんちく【ビザンチン建築】
4~6世紀に発達し15世紀中ごろまでビザンチウムを中心に栄えたキリスト教建築様式。大ドームと、内部大理石モザイクによる装飾が特色。ビザンチン式ビザンツ建築

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ビザンチン‐けんちく【ビザンチン建築】
〘名〙 東ローマ帝国(ビザンチン帝国)を中心に行なわれた建築。初期キリスト教建築を受け継ぎ、オリエント的要素を加えて発展させたもので、四世紀頃起こり、六世紀頃に最盛期に達した建築様式。初期のドームをもつ集中形式から、ギリシア十字形平面の教会堂として定式化し、内部はモザイクを多用したのが特徴。代表例としては六世紀に建てられたイスタンブールの聖ソフィア寺院、一一世紀に建てられたベネチアのサン‐マルコ寺院などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビザンチン建築」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビザンチン建築の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation