@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビザンチン様式【ビザンチンようしき】

大辞林 第三版

ビザンチンようしき【ビザンチン様式】
コンスタンチノープルを中心に四世紀から六世紀にかけて発達し、一五世紀中頃まで栄えたキリスト教建築様式。大ドームをのせた集中式教会堂建築が特色。内部は金地の華麗なモザイク、大理石の張り石などで装飾される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

ビザンチンようしき【ビザンチン様式】
4世紀頃から始まった東ローマ帝国(ビザンチン帝国)の建築・装飾様式。ギリシャやトルコなど、地中海東側に見られる。建築では大ドームやモザイク壁画が特徴で、イスタンブールのハギア・ソフィア大聖堂やベネチアのサン・マルコ大聖堂が代表的。家具では象嵌(ぞうがん)や彫刻などで装飾されたものが多く見られる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビザンチン様式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビザンチン様式の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation