@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビシュヌ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ビシュヌ
Viṣṇu
インド,ヒンドゥー教の神。特にビシュヌ派の宗教的信仰の中心として崇拝される。古くは太陽の活動を象徴するものであったが,次第に神としての地位を高め,三界を支配する諸神の最高神となった。宇宙を維持し世界を救済するため魚,亀,いのしし,人獅子,小人 (こびと) ,パラシュラーマ,ラーマチャンドラ,クリシュナ仏陀カルキの 10種に姿を変えて現れ,慈悲をもって人々を導くという。それらをビシュヌ・アバターラ (ビシュヌの化身) という。ヒンドゥー教美術の主題として石窟寺院などで盛んに彫刻され,その姿は武器などを手にした幾本もの腕を四方に伸ばしているのが特色。主要作品はマハーバリプラム石窟の『ビシュヌの超三界』,ウダヤギリ石窟の『ビシュヌの野猪の化身』,デーオーガル石窟の『アナンタ竜に横たわるビシュヌ』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ビシュヌ(〈梵〉Viṣṇu)
ヒンズー教で、ブラフマーシバとともに三神の一。ベーダ神話では太陽神であるが、のちの叙事詩では破壊神シバと並んで最高神とされる。慈愛恩寵(おんちょう)を垂れ、生類救済のため10種の形をとって世に現れるといわれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ビシュヌ【Viṣṇu】
ヒンドゥー教の主神の一つ。すでにインド最古の聖典リグ・ベーダ》で,全宇宙を3歩で闊歩したとたたえられている。彼のおおいなる3歩の中にいっさい万物は安住し,彼の最高歩(最高天)には蜜の泉があるとされた。これは,太陽が東の地平から出て,中天に達し,再び西の地平に没することを歌ったと考えられる。このベーダの太陽神は,ヒンドゥー教において,ブラフマー(梵天),シバとならぶ三大神の一つとなり,ブラフマーが宇宙を創造し,ビシュヌが維持し,シバが破壊するとされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ビシュヌ
びしゅぬ
Visu

ヒンドゥー教の主神の一つ。ビシュヌはすでにインド最古の聖典『リグ・ベーダ』に登場し、天・空・地の三界を三歩で闊歩(かっぽ)するとたたえられた。元来、太陽の光照作用を神格化したものとみなされるが、この時期にはそれほど重要な神ではなかった。ところが、ヒンドゥー教が盛んになると、ビシュヌはシバ神とともに、ヒンドゥー教の主神として民衆の信仰を集めた。ブラフマー(梵天(ぼんてん))が宇宙を創造し、ビシュヌがそれを維持し、シバがそれを破壊するとされる。シバが山岳と関係あるのに対し、ビシュヌは海洋と縁が深い。太初、彼は神々とともに海底から不死の飲料アムリタ(甘露)を得た。その過程において、海中から出現したシュリー(ラクシュミー、吉祥天(きちじょうてん))を妻とし、やはり海中から生じた宝珠を胸にかける。彼は大蛇(シェーシャ竜)を寝台として水上で眠り、ブラフマーはビシュヌの臍(へそ)に生えた蓮華(れんげ)から現れたという。また、ビシュヌは武器として円盤(チャクラ)、棍棒(こんぼう)を持ち、ガルダ鳥に乗るとされる。後代になるとビシュヌ神話が整備されて、ビシュヌの化身avatāraが列挙されるようになる。通常、猪(いのしし)(バラーハ)、人獅子(しし)(ヌリシンハ)、亀(クールマ)、侏儒(しゅじゅ)(バーマナ)、魚(マツヤ)、ラーマ、パラシュラーマ、クリシュナ、ブッダ、カルキの10種の化身があげられる。

[上村勝彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビシュヌ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビシュヌの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation