@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビジネスモデル特許【びじねすもでるとっきょ】

知恵蔵

ビジネスモデル特許
インターネットなどの情報技術を利用した独自のビジネス手法、モデルに関する特許権。1998年、米国でのステートストリート・バンク事件において、ハブ・アンド・スポーク(hub and spoke)と呼ばれる投資管理のビジネス手法が、その有用性を根拠に特許権として認められたことが契機となった。有名なものは、米国プライスライン社の「逆オークション」、アマゾン・ドット・コムの「ワン・クリック」特許など。2000年の約2万件をピークに出願件数は減少傾向で、かつ特許査定率も8%と低く、一時の出願ブームは終息の方向にある。
(桜井勉 日本産業研究所代表 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ビジネスモデル‐とっきょ〔‐トクキヨ〕【ビジネスモデル特許】
business model patent》具体的な技術や発明ではなく、事業そのものの仕組みや方法を特許化したもの。英語では「business method patent」という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集

ビジネスモデル特許
新しいビジネスのしくみを構築した場合、それに対して特許権を与え保護する制度。ただし、抽象的なアイデアだけでは認められず、それを具体的に実現する専用装置等の発明が必要とされる。また既存の取引手法等をインターネット上で展開するだけでも認められない。情報技術の活用有無に関しては、特許庁では“必ずしも絶対条件とはしないが、現実的に情報技術を利用しない発明は考えがたい”という見解をとっている。(→特許庁のQ&A) なお日本においては、ビジネス手法そのものに対してというより、ソフトウェア技術に対する特許の一種として扱われている。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ビジネスモデルとっきょ【ビジネスモデル特許】
主に電子商取引の仕組みの特許。欧米では 1980 年代から金融分野などで認められてきた。日本では、コンピューターを利用するビジネスの方法をソフトウエア技術として捉とらえることで、特許法による保護を行なってきており、特許法自体の規定や内容を修正するものではない。正式には「ビジネスの方法」に対する特許法上の保護であることから、ビジネス方法特許という。 逆オークションといわれる消費者が購入条件を指定してそれを仲介する行為やインターネットでの地図上のある地点を選択すると商店情報が出てくる仕組みなどの特許が話題となっている。具体的な審査方針として、特許庁から 2000 年(平成 12)10 月にビジネス方法の特許に関する対応指針が公表されている

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビジネスモデル特許」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビジネスモデル特許の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation