@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビスワ川【びすわがわ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ビスワ川
びすわがわ
Wisła

ポーランドの東部から中部および北部にかけて貫流する同国最大の大河。英名ビストゥラVistula、ドイツ名ワイクセルWeichsel、ロシア語表記はВисла/Visla。ウィスワ、ウィスラ、ビスラとも書く。カルパティア山脈、ベスキド山中北側に発し、初めは北東に流れるが、サン川が合流してからは北流し、首都ワルシャワ北部で西に方向を転じ、ブーク川、ドルベンツァ川などの支流を集め、ビドゴシチ付近から急に北流してグダニスク(ダンツィヒ)でグダニスク湾を通じてバルト海に注ぐ。全長1090キロメートル、流域面積19万8500平方キロメートル。ワルシャワ付近から下流は舟運に大きな役割を果たしている。かつては旧ソ連国境から旧東ドイツ国境に至る運河があり、これによって西のオーデル(オドラ)川と結ばれていた。

[三井嘉都夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビスワ川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビスワ川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation