@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビッグバン

デジタル大辞泉

ビッグ‐バン(big bang)
宇宙の始めの大爆発。ガモフらが唱えたで、約150億年前に起こった大爆発により、超高温・超高密度の状態から急膨張しはじめ、急激な温度降下の過程素粒子生成し、今日の宇宙ができたとする。膨張宇宙宇宙背景放射元素の存在比などが証拠とされる。
1986年に実施された英国証券市場制度の大改革。手数料自由化、取引所会員権の開放などに代表される金融・証券自由化政策を骨子とする。転じて抜本的改革等をいう。
平成8年(1996)に橋本龍太郎首相が具体化を指示した、銀行・証券・保険の相互参入の促進など、護送船団方式によって守られてきた金融システムに対する改革案のこと。2になぞらえた呼称金融ビッグバン日本版ビッグバン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ビッグバン【big bang】
宇宙のはじめの大爆発をいう。宇宙が,今から約150億年前に起こった大爆発によって生まれたとする宇宙起源説で,火の玉宇宙論とも呼ばれる。現在広く受け入れられている標準的膨張宇宙理論(標準宇宙論)は,ビッグバンを起源とするものである。そのため,しばしばビッグバン宇宙論は標準宇宙論と同一の意味でも使われる。 現在,宇宙が膨張していることは,遠方銀河ほど大きな速度でわれわれの銀河系から遠ざかっていることからわかっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ビッグバン【big bang】
宇宙の初めに起こり、現在の膨張宇宙に至ったと説く、大爆発のこと。この説では、宇宙が有限時間の過去において非常に高温・高密な状態から爆発的に膨張を始めたとし、急激な温度降下の過程で素粒子の生成・分化の経過を解明することを試みる。膨張宇宙・宇宙背景放射はビッグバンを裏づける観測結果と考えられている。
金融市場の活性化を目的とする、金融分野の規制緩和、完全自由化を中心とした大規模な改革の俗称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ビッグ‐バン
〘名〙 (big bang)
① 宇宙の初期、約百数十億年前に起こった大爆発。一九四八年、ガモフらによって提唱された。宇宙はこの時から膨張を開始したとされる。
② 一九八六年一〇月に実施された、イギリスの証券市場制度改革の通称。また、これになぞらえた日本の金融市場の改革。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビッグバン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビッグバンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation