@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビッラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ビッラ
Villa, Carlo
[生]1931. ローマ
イタリアの詩人,小説家。ビットリーニ,カルビーノ共編の年刊文芸誌『メナボー』第6号 (1963) に 22編のを発表,前衛詩人として出発。その後小説に転じた。主著われら古代生物』 Siamo esseri antichi,『並みの嘔吐』 La nausea media (64) ,『天の預り物』 Deposito celeste (67) ,『の中の島』L'isola in bottiaglia (72) ,『愚かな息子』 Il figlio assurdo (72) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ビッラ
びっら
Carlo Villa
(1931― )
イタリアの作家、詩人。詩集『生きていることの特権』でデビューし、小説『並みの嘔吐(おうと)』(1964)で認められる。デフォルメに満ちた言語で現代の不条理を暴く、幻想的かつグロテスクな作風が特徴で、作品には『偽りの荘厳』(1977)、『口述された幼年期』(1982)の詩集と、『壜(びん)のなかの島』(1972)、『セーラムのマンドレーク大司教』(1982)の小説、『不条理の子』(1972)などの評論がある。[古賀弘人]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビッラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビッラの関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎田坂具隆

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation