@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビナフチル

化学辞典 第2版

ビナフチル
ビナフチル
binaphthyl

binaphthalene.C20H14(254.33).1,1′-および2,2′-異性体は,それぞれ1-および2-ブロモあるいはヨードナフタレンを銅粉と加熱するウルマン反応によって二量化すると得られる.】1,1′-ビナフチル:融点144 ℃(葉状晶),160 ℃(斜方晶),沸点240~242 ℃(1.6 kPa).λmax 220,283,294 nm(log ε 4.95,4.13,4.12,エタノール).【】2,2′-ビナフチル:融点187~188 ℃,沸点452 ℃(昇華).λmax 213,254,307 nm(log ε 4.60,4.98,4.26,エタノール).いずれも,熱ベンゼン,熱エタノールに易溶,ほかの有機溶媒には難溶.1,1′-ビナフチルは8位と8′位の水素間の立体障害のためにナフタレン環を結ぶ単結合の回転障害があり,分子不斉が生じる.光学分割されたR-ビナフチルは+245°の旋光度を示すが,DMF中50 ℃ でラセミ化する.その誘導体(BINAP,NAPHOS)は不斉合成触媒に使われている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビナフチル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビナフチルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation