@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビビエーナ(一家)【びびえーな】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ビビエーナ(一家)
びびえーな
Bibbiena

イタリアの舞台美術家、建築家の一族。17世紀後半からヨーロッパ各地の宮廷を中心に、祝祭、演劇、オペラの演出、舞台装置、劇場建築にわたる広範な活動を通して、バロックの舞台芸術の発展に世紀的な役割を果たした。画家ジョバンニ・マリア・ガッリ・ダ・ビビエーナGiovanni Maria Galli da Bibbiena(1619―65)が一族の祖。その長子フェルディナンドFerdinando(1657―1743)は、パルマやウィーンなどの宮廷劇場で舞台美術にあたり、伝統的な遠近法による舞台中央の消尽点を、複数、左右非対称の位置に移行させた画期的な舞台装置を考案した。次子フランチェスコFrancesco(1659―1739)は、ベローナ歌劇場の設計をはじめナポリ、ウィーンなど各地で舞台装置、劇場建築に活躍した。フェルディナンドの次子アレッサンドロAlessandro(1687―1769)は、マンハイム宮廷劇場の建築で知られ、三男ジュゼッペGiuseppe(1696―1757)は、バイロイト宮廷歌劇場ほか、プラハ、ベルリン、ドレスデンなどで、四男アントニオAntonio(1700―74)は、ボローニャ市立劇場ほか、イタリア、東欧の諸都市で活躍した。フランチェスコの子ジョバンニ・カルロGiovanni Carlo(?―1760)は、リスボン王室劇場を建造し、ジュゼッペの子カルロCarlo(1725―87)は、父との共同の仕事のほか、ペテルブルグの冬宮劇場を建築、さらに各国で舞台製作にあたったが、すでに時代はバロックからロココへの推移を示していた。

[赤沢 寛]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビビエーナ(一家)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビビエーナ(一家)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation