@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビフィズス菌【ビフィズスきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ビフィズス菌
ビフィズスきん
Bifidobacterium bifidum; bifidobacteria
腸内細菌の一種で,嫌気性のグラム陽性ビフィドバクテリウム Bifidobacterium 属の総称をさす場合もある。ビヒダス菌,ビフィダス菌ともいう。1899年,パスツール研究所の H.ティシェが健康な母乳栄養児の糞便から発見し,V字や Y字の形状からラテン語で「分岐」を意味する「ビフィダス」を使ってバチルスビフィズス菌 bacillus bifidus communis と命名した。その後の研究で,糖を分解して乳酸や酢酸などを生産する乳酸菌(→乳酸桿菌)の一種であることがわかり,ラクトバチルス・ビフィズス菌 lactobacillus bifidus と呼ばれた。これらの酸が強い殺菌性をもち,病原性細菌や大腸菌など有害菌の増殖を防ぎ,腸内環境を整えると考えられる。酸素があると増殖できない難点が近年技術的に解決され,乳児用調製粉乳,ヨーグルト,飲料,栄養補助食品などに加えられるようになった。また腸内での増殖にオリゴ糖少糖類)が有用であることがわかってきた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ビフィズス‐きん【ビフィズス菌】
《〈ラテン〉bifidus腸内細菌の一。ぶどう糖発酵させて酢酸乳酸を作るグラム陽性桿(かん)菌大腸菌の増殖を抑える働きがあり、年齢が増すに伴い存在数が減少する。ビヒダス菌

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ビフィズス菌
 ビフィダス菌,ビフィドバクテリウムともいう.嫌気性腸内細菌の一つ.有用菌とされる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館

びふぃずすきん【ビフィズス菌】
ビフィズス菌は有用菌の代表格、乳酸菌の1つで、空気を嫌う嫌気性菌(けんきせいきん)です。
○栄養成分としての働き
 大腸菌などの悪玉菌は、腸内の食品を腐敗(ふはい)させ、発がん物質をはじめとする有害物質を生成します。この有害物質が血液にのって体内の細胞に送られると、細胞の栄養代謝を阻害して病気の原因になったり、老化を促進したりするのです。
 ビフィズス菌は有害菌の増殖を抑え、有害物質の生成を防ぎ、老廃物の排泄(はいせつ)を促進する働きがあり、下痢(げり)や便秘(べんぴ)の予防、老化防止、肝臓障害を軽減します。ビフィズス菌には免疫力を高め、抗がん性があることが判明しています。また、腸内でビタミンB群やKなどを合成する働きがあることも報告されています。
○注意すべきこと
 腸内でガスを発生しやすく、腹が張ることがあります。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典 第2版

ビフィズスきん【ビフィズス菌 bifidobacterium】
ヒトの腸内菌叢を形成する細菌の1種。グラム陽性の杆菌で,母乳栄養児の糞便中に他の細菌より優位に存在し,ビフィズス菌叢bifidus floraを形成するが,人工栄養児糞便中には大腸菌群が多く,ビフィズス菌は少ない。ビフィズス菌は,糖を分解して,乳酸,酢酸,ギ酸などを産生するので,母乳栄養児の腸内容は酸性に傾く。腸内容が酸性であると大腸菌や他の病原性腸内細菌は増殖しにくく,またビフィズス菌そのものが,大腸菌などと拮抗してその増殖を抑制するので,ビフィズス菌は母乳栄養児の腸内感染症による罹患率,死亡率を低くするのに役立っていると考えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ビフィズス‐きん【ビフィズス菌】
〘名〙 (ビフィズスはbifidus) 人の腸内菌叢を構成している細菌の一つ。腸管感染防御作用、免疫機能の増強、腸内腐敗の抑制などの生理的意義が知られ、人の健康と密接な関係を持つ。ビヒダス菌。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ビフィズス菌
びふぃずすきん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビフィズス菌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビフィズス菌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation