@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビュフォン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ビュフォン
Buffon, Georges-Louis Leclerc, Comte de
[生]1707.9.7. モンバール
[没]1788.4.16. パリ
フランスの博物学者。啓蒙思想家としても知られる。初め法律を学んだが,のち医学,植物学,数学を学び,イタリアに旅行。確率論の研究が認められ,26歳で科学アカデミー副会員。 1739年パリの王立植物園の園長に任命され,終生その地位にあった。フランス学士院,ロンドン・ロイヤル・ソサエティ,ベルリンアカデミー,ペテルブルグ科学アカデミー各会員。 S.ヘールズ,I.ニュートンの書物を翻訳するとともに,実験科学の方法論を体系的に展開,自然科学における経験的基礎の重要性を説いた。また大著『博物誌』 (または『自然誌』) Histoire naturelle,générale et particulière (44巻,1749~1804) では,従来聖書からの推定によって 6000年ぐらいとされていた地球の年齢を,8万年以上と唱えて話題をまき,天変地異説を否定し,自然は動植物の種を含めて徐々に変化をとげると考えて,のちの進化論形成に影響を与えた。またニュートンの万有引力法則の形式をめぐって,法則の単純性を主張して,厳密な逆2乗の形式を支持するビュフォンと,付加項の必要を唱えた A.C.クレローとの論争 (49) は有名である。 53年アカデミー・フランセーズ会員,入会の記念講演『文体論』 Discours sur le styleにおいて文体を思想の秩序と運動と定義した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ビュフォン(Georges-Louis Leclerc Buffon)
[1707~1788]フランスの博物学者・啓蒙思想家。1749年より大著博物誌」を刊行進化論の先駆者とみなされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ビュフォン【Georges‐Louis Leclerc,comte de Buffon】
1707‐88
フランスの博物学者,思想家。ディジョン高等法院評定官の子としてモンバールに生まれ,はじめ法律を,ついで医学,植物学を学んだ。1739年王立科学アカデミー会員に選ばれるとともに王立植物園(ジャルダン・デ・プラント)の園長に任命され,以後は1年のうち冬の4ヵ月をパリで園の拡充に尽くし,のこりをモンバールの領地で,主として畢生大作博物誌》の執筆にささげるという規則正しい生活をつづけた。1753年にはアカデミー・フランセーズの会員にも選ばれ,栄光に包まれてパリで没した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ビュフォン【Georges-Louis Leclerc de Buffon】
1707~1788 フランスの博物学者・啓蒙思想家。ニュートンの著作を翻訳しフランスに紹介。その著「博物誌」は自然に関する知の総合として全ヨーロッパで広く読まれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ビュフォン
びゅふぉん
Georges Louis Leclerc de Buffon
(1707―1788)
フランスの博物学者、啓蒙(けいもう)思想家。ブルゴーニュのモンバールの富裕な家庭に生まれる。イギリスでの自然科学の急激な発展に注目し、1年間イギリスに渡り、数学、物理学、植物学を学んだ。帰国後ニュートンの微積分学などを翻訳したりしていたが、1739年以後パリの王立植物園(フランス革命後は自然博物館)の管理者となり、博物学に関心をもつに至った。
 1749年から、多くの共同執筆者の協力を得て膨大な『博物誌』の刊行を始め、彼の死後追加されたものを入れると44巻にも上った。このなかで彼は、「類人猿は人間の未発達の状態あるいは退化したもの」といった進化を示唆するようなことを述べているところから進化論の先駆者とみなされることがある。また、地球の年齢を、聖書に書かれているよりはるかに長く想定し、神学者の非難を受けると、これを取り消している。[真船和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ビュフォン
Georges Louis Leclerc, Comte de Buffon
1707〜88
フランスの博物学者
王立植物園長として大作『博物誌』を編纂。進化論思想の先駆者で,啓蒙思想家として『百科全書』にも執筆した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビュフォン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビュフォンの関連情報

関連キーワード

富士山富士山アウラングゼーブバッハアウラングゼーブドシテオス長崎派ファーカーアウラングゼーブアウラングゼーブ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation