@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビラフランカの和議【ビラフランカのわぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ビラフランカの和議
ビラフランカのわぎ
Armistice of Villafranca
1859年7月11日,第2次イタリア独立戦争において,北イタリアのビラフランカでフランス皇帝ナポレオン3世オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の間に結ばれた休戦協定。1859年4月に始まったサルジニア王国=フランス連合軍とオーストリアの戦争は同 1859年6月ソルフェリノの戦い前者が勝利を収めたが,サルジニア王国が強大となることを恐れたナポレオン3世が単独でオーストリア側と休戦協定を結び,サルジニア王ビットリオ・エマヌエレ2世に事後承認を迫った。イタリアに憤激の声が上がったが,単独での抗戦を不可能として王はこの条約を承認。勝利に向かっていたイタリアの独立戦争はロンバルディアを奪回しただけで中止させられたため,先にプロンビエルの密約を結んでいたカミッロ・ベンソ・ディ・カブールはこの妥協に抗議して首相を辞任した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビラフランカの和議」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビラフランカの和議の関連情報

関連キーワード

余計者光の科学史インド大反乱川本幸民岡田普理衛ゼーバッハデカルソンデントンヘットナーマルナス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation